コンシュマーゲームの今とは | 手軽にプレイできるスマホゲームアプリでもっとゲームを楽しもう!
menu

コンシュマーゲームの今とは

手を伸ばす女性

ゲームに人気に火を付けたのは、元々はゲームセンターですが、さらに馴染みのある娯楽にしてくれたのは、家庭用のコンシュマーゲームです。
しかし、ここ数年でコンシュマーゲームはどの会社でも結構苦戦しています。根っからのゲーム好きだと、新しいゲーム機も買いますが、対象を万人ということにすると売れ行きは厳しいでしょう。
その原因もいろいろあります。一つは今回特集したアプリゲームの進化です。
このアプリゲームはここ数年でその数も爆発的に増えています。また基本プレイが無料というのも大きな要因になっています。
ゲームにあまり馴染みがない、興味がない人にとってゲーム機を買うのは、やはり値段的にも抵抗があるでしょう。数万円はしますからね。
他には、ソーシャルゲームのユーザーが増えて影響でゲーマーのプレイヤーとしてのスキルが低下しているということです。今でも上手いプレイヤーはたくさんいますが、そのような人は元々からゲームをしていた人のことです。また、そのようなゲーマーはもう若い人にはほとんどいません。
昔はプレイヤーと開発者が意地を張っているかのようなくらいゲームの難易度も高く設定されていました。しかし、今はその逆です。
上手くない人でもゲームを買ってもらうために、難易度を極端に下げているような作品が多く発売されています。これは、昔からのプレイヤーからすると、物足りないの一言に付きます。
それでも、ゲームを買ってもらわないと会社も経営できませんし、開発もできません。このような状態はまだこれからも続きそうです。